鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ買取価格30%UP中|フィギュア買取アローズ

フィギュア買取アローズでは「鬼滅の刃」商品の買取強化を行っております!今や社会現象にもなっているほど高い人気を誇る「鬼滅の刃」。週刊少年ジャンプにて2016年11号より連載中です。大正時代を舞台に、主人公・炭次郎が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵を倒すため、また、鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。累計発行部数は2019年11月27日時点で2500万部を突破しました!話題沸騰中の大人気作です!!

今だけ!買取強化中の鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ!!

  • 鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ 竈門炭治郎

    品名

    鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ 竈門炭治郎

    メーカー

    BANDAI

    買取上限価格 2,500円
  • 鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ 竈門禰豆子

    品名

    鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ 竈門禰豆子

    メーカー

    BANDAI

    買取上限価格 2,800円
  • 鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ 我妻善逸

    品名

    鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ 我妻善逸

    メーカー

    BANDAI

    買取上限価格 2,400円

鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ買取実績

  • Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 竈門炭治郎

    Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 竈門炭治郎

    2,500円で買い取りました

    今回ご紹介させていただくのは「Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 」シリーズから登場した竈門炭治郎です。Figuarts miniのシリーズの魅力は、何といっても可動式の腕です。さまざまなポージングを自分の手で作れます。炭治郎のフィギュアは2.5等身ならがも作りこみは素晴らしく、炭治郎のおでこの痣のほかにも、髪のグラデーションや立体感、花札のような耳飾りまで忠実に表現され、炭治郎ファンも満足のフィギュアです!禰豆子のフィギュアの付属品、木箱と彼の日輪刀を持たせれば、物語序盤の木箱を背負いながら戦っていた炭治郎を再現できますね。ぜひアニメや原作を思い返しながら鑑賞してみてください。

  • Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 竈門禰豆子

    Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 竈門禰豆子

    2,800円で買い取りました

    こちらのフィギュアは満を持してBANDAIから登場した、「Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 」シリーズの竈門禰豆子です。禰豆子のフィギュアは、兄の炭治郎とその同期である我妻善逸と同時発売になっています。瞳は鬼のものになってはいますが、鬼に襲われる前の穏やかな表情を感じさせる顔つきですね。全長約9センチとなっており、複雑な麻の葉模様の着物も再現され付属品に兄の炭治郎が背負っている木箱がついてきます。こちらの木箱は炭治郎に背負わせることができるので、ぜひセットで購入して兄妹でそろえたいところです。人気作品であることや、人気キャラであることからこちらのフィギュアは高価買取の対象となります。他の鬼滅の刃シリーズをお持ちの方はぜひまとめてフィギュア買取アローズまで!

人気の鬼滅の刃 Figuarts mini シリーズ

Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 我妻善逸

Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 我妻善逸

こちらでご紹介させていただくのは鬼滅の刃「Figuarts mini (フィギュアーツミニ) 我妻善逸」のフィギュアです。このフィギュアの特長は細部まで描かれた善逸の顔つきですね。物語の序盤でよく見られた善逸のおびえたような、頼りなさげな表情はもちろんですが、目元の涙袋の線や瞳の色合い、特徴的な太眉もきちんと再現されています。デフォルメ化された顔の質感もなめらかで美しく、鬼滅の刃ファン必携の一品です。こちらももちろん交換用の腕パーツが付属品となっており、普段の立ち姿から戦闘時のポーズまで堪能できます。同時発売の竈門兄妹と並べて鬼滅の刃の世界に浸ってみてください。

宅配買取のお申し込み

鬼滅の刃 Figuarts mini (フィギュアーツミニ) シリーズを買取します!

056269_000

鬼滅の刃とは?

鬼滅の刃は大正時代を舞台に、人に危害を加える「鬼」と呼ばれる存在との戦いを描いた、ダークファンタジーの少年漫画です。 2019年にTVアニメ化したことで話題になり、人気が急上昇しました。 また、TVアニメからの人気を受けて、2020年には東京と兵庫で舞台も上演されています。  

 

主人公の竈門炭治郎は大家族の長男で、家族を支えるために働きながらも、温かい家庭で幸せな生活を送っていました。

しかし、炭治郎がたまたま家を空けたある日の夜、竈門家は鬼の襲撃を受けます。 翌朝、家に帰った炭治郎はその惨状を目の当たりにします。

唯一、妹の竈門禰豆子だけは無事でしたが、完全に無事というわけではなく、鬼に襲われたことで自らも鬼と化してしまったのです。 妹の禰豆子を人間に戻すため、炭治郎は鬼殺隊という鬼を撲滅することを目的とした組織に入隊して戦うことを選び、物語は動き始めます。  

 

 

鬼滅の刃「Figuarts mini (フィギュアーツミニ) シリーズ」フィギュアについて

このフィギュアシリーズでは、

・主人公の竈門炭治郎

・その妹の竈門禰豆子

・鬼殺隊同期の我妻善逸

以上の、メインキャラクターにあたる3名が商品化されました。  

2.5頭身にデフォルメされた見た目と小さめのサイズ感が可愛く、女性からの人気が高いフィギュアです。

交換用の腕パーツが付いているので、ポーズを変えて遊ぶことができるところも、このフィギュアの特徴と言えます。    

 

 

 

【竈門炭治郎】

竈門炭治郎のフィギュアは、デフォルメされてもきりっとした凛々しい目元はそのままで、可愛いけれどもかっこいいと言えるギャップがあります。 炭治郎は器が大きく、とても優しく大らかな人柄なため、普段はにこやかな表情をしていることが多いです。 ですが、鬼との戦いのときや大切なものを守ろうとするときは、真剣で強い眼差しをたたえた表情に変わります。

そんな炭治郎自身をそのまま表現しているように感じられるところも、このフィギュアの魅力です。  

 

しかし心根が優しすぎるため、作中当初は鬼を斬ることすらためらう場面も見受けられました。

鬼殺隊に入隊してからは必要なことと割り切って戦いますが、倒した鬼にも慈悲深い眼差しを向けるなど、根底にある深い優しさは変わっていません。 生真面目すぎてたまにずれた言動をすることがあるところも、炭治郎の良さであり、魅力的な部分です。    

 

また、嗅覚が非常に優れていて、においで相手の感情を読み取ることができるほどです。

戦闘の際はにおいで敵の気配を把握するなど、とても役立つ能力であると言えます。 鬼殺隊の任務をこなすためにはさまざまな場所に出向く必要がありますが、炭治郎は禰豆子も一緒に連れていくことにしています。 鬼と化した禰豆子は、ある程度なら身体の大きさを自在に操れるようになりました。

そのため、移動するときは身体を小さくさせて木箱に入ってもらい、炭治郎が背負っているのです。 このフィギュアシリーズでは、禰豆子のフィギュアに付属している木箱を炭治郎に背負わせることで、作中の木箱に入った禰豆子を背負って移動している様子を再現することができます。      

 

 

 

【竈門禰豆子】

竈門禰豆子のフィギュアは、炭治郎を案じているときの心配そうな表情が再現されているところがとても可愛いです。

ぱっちりした大きな瞳も愛らしく、デフォルメされることで禰豆子の可愛らしさがさらに際立っています。 移動のときにいつも禰豆子が入っている木箱も付属されていますので、炭治郎のフィギュアに背負わせて、作中の場面を再現しましょう。   

鬼は太陽の光に弱く、日光を浴びると消滅してしまいます。鬼化した人間も同様なので、光を通さない木箱に入って、炭治郎が運んでいるのです。 通常は鬼化すると記憶や理性は失われ、見境なく人を襲うようになるため、元は人間であっても鬼殺隊からは討伐対象として認識されます。

しかし、禰豆子は例外で、鬼化したばかりの頃に兄である炭治郎を守ろうとする行動を取りました。 これにより、ほかの鬼化した人間とは違うと判断され、生きることを認められます。 口にくわえている竹筒は、鬼化したまま生きるにあたり、誤って人間を襲ってしまわないようにつけられたものです。 そんな竹筒も、このフィギュアではしっかり再現されています。    

 

また、炭治郎の師匠であり、竹筒をつけた張本人でもある鱗滝左近次から暗示をかけられているため、人間は家族であり鬼は敵であると認識しているのです。

普段はぼーっとしていることが多くとてもおとなしい印象ですが、炭治郎が危機に陥った場合などは、身体を大きくして戦うこともあります。

戦う際の眼差しは鋭く、美しくもかっこいい雰囲気へと変貌します。 そんな二面性も、禰豆子が高い人気を誇る理由であると言えるでしょう。    

 

 

【我妻善逸】

我妻善逸のフィギュアは戸惑っているような、怯えているような表情をしていて、普段の善逸の様子がよく表現されています。 善逸は炭治郎の同期にあたる鬼殺隊の剣士ですが、非常に臆病で消極的な面の強い性格をしているため、戦いから逃げ出そうとする場面もあるくらいです。    

 

また、思いこみが激しくお調子者な一面もあるほか、女性への執着心も強いので、女性から優しくされると「この人は自分のことが好きなのでは」と勘違いすることも。 とは言え、基本的には気が弱く優しい性格をしているため、暴力的な行動に出ることはありません。

そういうところもどこか憎めない要素になっていて、情けない部分が目立つキャラクターではありますが、愛嬌のあるいじられキャラとして人気があります。 デフォルメされることで善逸の可愛さが引き立っているところも、このフィギュアの魅力です。  

 

そんな善逸ですが、守るべきもののためには恐怖心と戦いながらも敵に立ち向かうなど、剣士としての強さも当然持ち合わせています。 師匠からも才能を評価されていて、実力も確かなものなのですが、強い劣等感があるために自信を持つことができません。 プレッシャーに弱い部分もあり、戦いの際は極度の緊張と恐怖から気絶するように眠りに落ち、眠った状態のまま鬼を倒す場面もありました。

髪が黄色に近い金色で、隊服の上からは黄色い三角柄の羽織を着用しているので、とても明るくて目立つ見た目をしています。 その明るい色合いも、この可愛らしいフィギュアの魅力を引き上げる要素の一つになっていると言えるでしょう。  

 

 

 

 

フィギュアを売るならフィギュア買取アローズへ!

フィギュア買取アローズでは、鬼滅の刃のフィギュアはもちろん、その他作品のフィギュアや美少女フィギュアなど、フィギュア商品を幅広く買取しています。 くじ商品やプライズ景品で余分に手に入ったものや、手放すことを検討しているものなど、売却を考えているフィギュアがありましたらぜひ宅配買取をご利用ください。

店舗まで足を運ぶ必要もなく、集荷依頼を使えば宅配業者が荷物をご自宅まで取りにうかがいますので、いつでも気軽に買取に出すことが可能です。 ダンボールや緩衝材などがセットになった無料梱包キットも用意しておりますので、ご自身で梱包用品を準備していただく必要もございません。    

 

また、無店舗経営だからこそ実現できる買取査定額への上乗せで、他店よりも高値での買取を実現しています。

専門分野に精通した経験豊富なスタッフが丁寧に査定し、お客様に満足していただけるよう、できる限りの高価格をおつけしています。 査定や送料、その他手数料も全て無料ですので、買取を検討されているフィギュアがございましたらお気軽にご相談ください。

査定のみでも無料で対応しておりますので、フィギュア買取のお申し込み、お待ちしております。

宅配買取のお申し込み